<< 最高裁判決 <熊本体罰訴訟> | main | 今夜 alan さん Mステ出演! >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
write王 俊英
最高裁判決 <和歌山毒入りカレー事件>
女 昨日記事にした熊本体罰訴訟判決の一週間ほど前に最高裁が出した判決がこれです。
 URL 毒カレー事件、林真須美被告の死刑確定へ…最高裁が上告棄却 (2009年4月21日 読売新聞) 
 < 抜 粋 >
 1998年に4人が死亡した和歌山市の毒物カレー事件で殺人罪などに問われ、1、2審で死刑判決を受けた元保険外交員・林真須美被告(47)の上告審判決が21日、最高裁第3小法廷であった。

 那須弘平裁判長は林被告の上告を棄却した。 林被告の死刑が確定する。
 同小法廷の裁判官5人による全員一致の意見

 自白など直接的な証拠はなく、弁護側は無罪を主張。

 判決は、……などの状況証拠を挙げ、「被告が犯人であることは合理的な疑いを差し挟む余地がない程度に証明されている」 とした。

 一方、1、2審では動機が解明されず、上告審で弁護側は「無差別殺人の動機がない」と主張したが、判決は「動機が解明されていないことは、被告が犯人であるという認定を左右しない」と退けた。

 判決はこのほか、林被告が死亡保険金を得る目的で夫にヒ素入りのくず湯を飲ませて殺害しようとした殺人未遂など、殺人未遂事件と詐欺事件計6件についても有罪とした

(2009年4月21日21時00分 読売新聞)

 「全面否認どんっ」、「直接証拠なしどんっ」、「動機不明どんっ」 にもかからず、裁判官5人全員が 「死刑を是認せざるを得ない」 と判断したのですから、心証は真っ黒だったのでしょうね パンチ

 林真須美被告は一貫して無罪を主張していて、判決後のコメントでも「私は犯人ではない」、「もうすぐ始まる裁判員制度でも私は死刑になるのでしょうか」 と訴えてるそうです。。。

 確かに、来月21日から始まる裁判員制度で、この事件を裁いたらどんな結果になるのでしょうね。 庶民感覚から言えば、動機も不明で直接証拠もない事件の被告に死刑を言い渡すのには抵抗があるのではないのでしょうか。。。 

女 私はもともと死刑廃止派 !!
 前にも書いたことのある主張をあらためて書かせていただきます くるりん

 URL 2008.06.18 Wednesday 22:11 死刑制度 反対!!
 相手が鬼畜の人間なら殺してもよいという考え方自体が鬼畜の考えです。

 今後も過半数を超える日本人が死刑制度の存続を望むのであれば、「裁判員制度」 に続いて、今度は 「死刑執行人制度」 を作って、抽選で選ばれた国民が死刑執行のスイッチを押すようにすれば良いと私はおもいます。。。。。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | 日本 | comments(2) | -
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -

Comment
fruitbonbon : 
2009/04/30 10:52 PM 
私も死刑制度には反対です。冤罪で、無実の人殺しちゃったら、最悪だし、そうでなくても、人を合法的に殺すって変じゃないかってのが理由です。死刑制度に賛成の人が挙げる理由の一つに無期懲役だと、実際は無期じゃなくて20年ぐらいで釈放されるというのがあります。このシステムをもうちょっと厳しくすれば、賛成派の人もある程度納得できるんじゃないかなと思うんですけどね。中国式の死刑の執行猶予ってのもいいかもしれない。さすがに悔い改めるでしょう。でも、死刑となるとすぐ執行しちゃう中国式はちょっとあれだけどね。

TOPへ
王俊英 : 
2009/05/02 12:37 PM 
fruitbonbonさん こんにちは。
死刑制度に反対の方と出会えてうれしいです。(ホントに少ないですものね)
でも、この問題で難しいなとおもうのは、死刑賛成派の方と議論して、ディベートでは勝ったとしても相手は死刑反対派にはなってくれないということ。。。(難しいですね。。。)

TOPへ
It comments.









S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Selected Entry
Recent Comment
Categories
Archives
Links
qrcode
↑ケータイで読む↑