<< 嘘(うそ)と感謝と信義 | main | 最高裁判決 <和歌山毒入りカレー事件> >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
write王 俊英
最高裁判決 <熊本体罰訴訟>
女
 熊本体罰訴訟での原告逆転敗訴、
 和歌山毒入りカレー事件での死刑確定、
 そして小田急線「痴漢」事件で逆転無罪判決

 と、四月になってから立て続けに興味を引かれる 「最高裁判決」 が出ましたね。

 もともと法律問題や社会面の記事にあまり関心のない私の目にもとまったくらいですから、メディアもそれなりに大きく報道してたということなのでしょうね。 

 この三つの最高裁判決について、私の意見や感想を書いてみたいとおもいます。
 先ずは、この前(28日)出てたこの熊本体罰訴訟の判決から 鉛筆
URL 熊本体罰訴訟、原告が逆転敗訴…最高裁「教育的指導の範囲」 (2009年4月28日 読売新聞)

URL 「力の行使」限定的に認める…“体罰”訴訟の最高裁判決 (2009年4月28日 読売新聞)

 他のメディアの記事でも触れられていましたが、上の記事にも
 男児の母親は教師を刑事告訴しており、判決も 「男児の母親が長期にわたり、学校関係者に対して極めて激しい抗議行動を続けた」 と言及、訴訟の背景に保護者の過剰なクレームがあったことを示唆した。 同じようなケースが起きた時、「力の行使」 が妥当なものだったか学校側が説明を尽くすとともに、保護者側も冷静に耳を傾ける姿勢が求められている。
とありました。

 こんなふうに書かれれば、思い浮かぶ言葉はただ一つ。
 モンスターペアレント 危険
 (Monster parent)

 それだけではないとおもいますが、この最高裁判決は妥当なものとしてメディアやブロガー (blogger) にも支持されているようにおもえます。

 私もこの判決を支持します ワッ!

 でも、でも、でもぉっ 汗
 一言いたくなるのが、この事件では一審二審とも 「体罰」 と認定して市に賠償を命じていたこと どんっ

 来月の21日から 「裁判員制度」 がいよいよ始まりますが、仮に裁判員制度の下で一審からこの事件を審議していたら、どんな判決が出てたのでしょうね ワッ! おや? 


女 体罰でおもいだしたのが、神戸中華同文学校をはじめ日本にある中国人学校では今も 「体罰」 を容認してる(らしい)ということ。
 (私は神戸中華同文学校の卒業生ではありませんので、伝聞・推定で書いてます たらーっ

 Gogle 検索でこの記事をみつけました。 next next URL 華僑民族学校の「打手板」は教育?体罰? (2006/06/01 インターネット新聞JanJan 劉肇新)
 これらの学校に共通の「体罰」がある。 「打手板」 (da shou ban) である。 道具の形や材質はさまざまであるが、教師が生徒の手のひらをたたく板状の棒である(竹のさしであったことが多い)。
  
 「打手板」 (da shou ban) は 「しつけ棒」 とでも意訳するのがふさわしいのかもしれませんね。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | 日本 | comments(6) | -
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -

Comment
yuu : 
2009/04/30 9:10 AM 
最近の親は本当にモンスターペアレンツが多いです。。。

昔は(少なくとも私が学生時代までは)
先生が生徒を叩くのは当たり前の行為だったし
どの親も先生を信頼していました。

知り合いの教員から聞いたのですが
ある生徒の親は「息子の教室の冷房の温度が高いのでもっと冷やしてやってくれ」と校長に怒鳴り込みにきたそうです^^;

私が中学生の頃はまだ学校に冷暖房などないのが当たり前だったので、
こんなに甘やかされて育った子供達は将来どうなるのか心配です。。。


TOPへ
王俊英 : 
2009/04/30 8:17 PM 
yuu さん こんにちは♪
私も「体罰」には反対ですが、その結果、先生をなめきったモンスターチャイルドが出現するのも困るし。。。 私にも妙案が浮かんできません。 エゴになりますが、今までとても恵まれた環境で学んでこれたことに感謝しています。

TOPへ
ブファジ : 
2009/04/30 8:43 PM 
王さんこんばんは☆

この判決は自分も支持しますね。体罰で怪我をさせるのは論外ですが、ルールを逸脱した生徒を更正させる手段として行うのは必要だと思います。自分も学生の時に体罰を受けたことはありますが、それは自分が悪いことをしたからであると思っていますし、それで訴えようなんて思ったことは無いですね(^^;
もしこのまま一定の体罰を認めないと、善悪を判断できない若者が増えるのではないかと思っちゃいますね(>_<)/

TOPへ
王俊英 : 
2009/04/30 10:05 PM 
ブファジ さん こんにちは。
「体罰」を禁止とした場合に、判断力が未成熟の子供をどのようにしてしつけるのか?
その答えがなかなか思いつきませんね。。。 

TOPへ
fruitbonbon : 
2009/04/30 11:14 PM 
体罰って、親じゃなくて、子供がどう感じているかですね。

随分前の話ですが、私の小学校、中学校での時の体罰は結構ひどかったです。両方とも、普通の公立学校ですが、私が体罰を受けた時は、理由が分からなかった。ほとんど恐怖で、立ちすくんでました。他の生徒の時も、そこまでやるかと思ってました。中学校の時は女性の教師が特にひどかった。特に、音楽教師とか美術教師とか。女性であるが故にバカにされないようにしてたとしか思えない。

子供が理解できない体罰を受けた時って、逆効果だよなあ。うらみ、つらみだけだもんね。

おお、そういえば、家庭教師をしていた時に体罰を与えたことがあります。腕立て伏せ30回とか。反省。

TOPへ
王俊英 : 
2009/05/02 12:41 PM 
fruitbonbonさん こんにちは。
「体罰」と「愛のムチ」は紙一重。 こんな評論家のような言葉しか頭に浮かんできません。 体罰の問題を考えると、学校の先生というのは大変だろうなあとおもいます。 同時に私には無理だともおもってしまいます。。。

TOPへ
It comments.









S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Selected Entry
Recent Comment
Categories
Archives
Links
qrcode
↑ケータイで読む↑