<< あるとおもいます! | main | 嘘(うそ)と感謝と信義 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
write王 俊英
中國人需要管的
1 ジャッキー・チェンさんの 「今の香港や台湾は混乱している」、「中国人は管理されるべきだ」 という発言のおかげで、台湾で公開されていたジャッキー・チェンさん主演の映画 「映画 新宿インシデント」 の興行成績が大幅に落ち込んでるそうです。。。

 騒ぎをご存知ない方のために読売新聞の記事を引用しますね。
 URL 「中国人は管理されるべき」ジャッキー・チェン発言が波紋 (2009年4月19日 読売新聞)
 【香港=竹内誠一郎】香港のアクション俳優、ジャッキー・チェンさんが18日に中国海南省で行われた国際会議「博鰲(ボアオ)アジアフォーラム」で「中国人は管理されるべきだ」と述べ、中華圏での秩序維持には自由の制限も必要という趣旨の発言をし、波紋を呼んでいる。

 19日付の香港紙・明報などによると、中国映画家協会副会長として出席したチェンさんは、外国記者から文化活動の自由について質問され、「あまりに自由があると今の香港や台湾のように混乱してしまう。 中国人は管理しないと、やりたい放題だ」と語った。 香港のインターネット上では「香港の恥」など批判の書き込みが相次いでいる。 明報も「自由の尊さを知らない。思想が幼稚」などとする学者の意見を引用し批判した。

(2009年4月19日19時30分 読売新聞)


2 これは You Tube にアップされていた台湾のTVニュースです。
 (成龍はジャッキー・チェンさんのことです)
【【重批】成龍:台灣和香港有自由太亂,該像中國管理,中國製電視會爆炸】


 ジャッキー・チェンさんの発言を中国語に書き写すとこんな感じ 鉛筆
「有自由好、 還是沒有自由好? 

真的我現在已經混亂了, 太自由了就變成香港, 

今天這個樣子很亂, 

而且變成台灣這個樣子也很亂, 我慢慢覺得, 

原來我們中國人需要管的

 香港のインターネットユーザーが 「ジャッキー・チェンを北朝鮮に放逐しろ」 と呼びかけたところ、これまでに2600人が賛同しているのだとか どんっ
 next next URL <ジャッキー失言>「北朝鮮に放逐してしまえ」=学生に批判の声広がる―香港 (2009-04-25 レコードチャイナ)

 香港人が北朝鮮のことをどのように見てるのか、
 思わぬところで、その本音が聞けましたね くるりん
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | 中国・台湾 | comments(2) | -
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -

Comment
fruitbonbon : 
2009/04/27 2:35 AM 
彼は以前から中国よりの発言をしてましたよね。台湾の民主的な選挙をバカにしてましたし。自分は自由が保障されている香港人であるのに、自由のない中国にすり寄るってのは、まあ、中華ナショナリズムなんでしょうけど。おお、そういえば日本にも中国とか北朝鮮にすり寄るそういう政治家とか、学者がいるなあと思い起こします。日本の場合、左翼だけとは限らないし、ナショナリズムのはずもないし、摩訶不思議。

>北朝鮮に放逐しろ.....

どうして北朝鮮なの、中国で十分。これはこれで、香港人の中華ナショナリズムか。

TOPへ
王俊英 : 
2009/04/28 1:05 PM 
fruitbonbonさん こんにちは。
 誰でも年をとって「守るもの」が多くなると保守的になるといいますし、ジャッキー・チェンさんの場合は「イギリス領香港」の時代も経験されていますから、その時代を中国人として「屈辱の時代」と考えてる可能性もありますね。 
 そういう考えの人にとっては、祖国は強大なものであってほしい、あらねばならない、と考えるみたいですね。 愛国的な中国人留学生からはよくそういう意見を聞きます。
 たとえば、そういう人たちのなかには、チベット族は中国領になったおかげで、彼らも「大国の民」になれたのだから、チベット族は運がいいとか幸せだと、本気でおもってる人もいるんですよ。。。
 価値観の違いってすごいでしょ!



TOPへ
It comments.









S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Selected Entry
Recent Comment
Categories
Archives
Links
qrcode
↑ケータイで読む↑