<< かわいいユリカモメ | main | 首都ワシントン・ポトマック川河畔の桜祭り >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
write王 俊英
alanさんと韓紅さんの「天路」
音楽 2008.03.20 に投稿した記事 『alan さんの中国語のブログと二胡』 に abc さんという方からいただいたコメントに記されていた動画をご紹介します。
 
 曲は「天路」。天路は2006年7月1日に開通した青蔵鉄道(青海チベット鉄道)を意味しています。
 歌っているのは、alan(アラン)さんと歌手の韓紅さん(ハン・ホン)さん。 
 時期は多分 2006年9月。このとき alan さんは北京にある解放軍中国藝術学院声楽科の3年生で19歳。韓紅さんは 1971年9月の生まれですから、このとき35歳。

 韓紅さんは解放軍中国藝術学院の卒業生ですから alan さんの先輩になります。2000年には中国大陸の「人気ナンバー1女性歌手」および「最優秀女性歌手」に選ばれている人気と実力を兼ね備えた歌手です。

 「解放軍中国藝術学院」以外にもう一つ alan さんと韓紅さんに共通するのが、二人とも「チベット族」だということ。ただ、韓紅さんはチベット自治区昌都の生まれなのに対し、alan さんは四川省康定の出身という違いはあります。
(日本でも北海道と鹿児島では風習や言葉が違うように、同じチベット族でも住んでる地域によって文化や言葉が大きく異なっているそうです)

CD 【Road To Heaven - Alan Han Hong 阿兰 韩红 《天路》】


 韓紅さんの舞台衣装(?)には驚かれたとおもいます。どんっ
 それと、二人のビジュアルの落差にも。どんっ どんっ
 
星 「天路」の歌詞と日本語訳です。
 歌詞はこちらの中国語サイトにあったものを貼りつけました。nextnext 【天路(Traditional Version)·韩红·歌曲试听下载】
 日本語訳は他の方が訳されていたものを、私の好みに合わせて語句を一部置き変えました。 

韩红CD『感动』
天路》(traditional version)  作词:屈塬  作曲:印青

1 清晨我站在 青青的牧场   明け方青々とした牧場に佇むと 
2 看到神鹰披着那霞光   雲間から差し込む光芒に 照り輝く鷹が目に入る
3 像一片祥云 飞过蓝天   あたかも瑞雲のごとく 鷹は青空を飛んで行った
4 为藏家儿女带来吉祥   チベットの若者に吉祥を運んで来たのだ

5 黄昏我站在 高高的山岗   黄昏時に小高い山に佇むと
6 看那铁路修到我家乡   かの鉄道が故郷に通じたのを目にした
7 一条条巨龙 翻山越岭   巨大な竜は幾度も山を越え
8 为雪域高原送来安康   雪に包まれる高原に無事と健康を届けに来た

9 那是一条神奇的天路   それは一筋の神奇な天の道だろうか
10 把人间的温暖送到边疆   人々の温情を辺境の地に届ける
11 从此山不再高路不再漫长   そしてその時から山が険しくなることも果てしない道が続くこともない
12 各族儿女欢聚一堂   各民族の若者は喜びで一堂に会する

5b 黄昏我站在 高高的山岗    黄昏時に小高い山に佇むと 
6b 看那铁路修到我家乡   かの鉄道が故郷に通じたのを目にした
7b 一条条巨龙 翻山越岭   巨大な竜は幾度も山を越え
8b 为雪域高原送来安康   雪に包まれる高原に平和と安らぎを届けに来た

13 那是一条神奇的天路   あれは一筋の神奇な天の道だろうか
14 带我们走进人间天堂   我々をこの世の天国へと連れて行く
15 青稞酒酥油茶会更加香甜   裸麦酒とバター茶はさらにうま味を増すことだろう
16 幸福的歌声传遍四方   幸福の歌声が四方へと響き渡る

13b 那是一条神奇的天路   あれは一筋の神奇な天の道だろうか
14b 带我们走进人间天堂   我々をこの世の天国へと連れて行く
15b 青稞酒酥油茶会更加香甜   裸麦酒とバター茶はさらにうま味を増すことだろう
16b 幸福的歌声传遍四方   幸福の歌声が四方へと響き渡る

16c 幸福的歌声传遍四方   幸福の歌声が四方へと響き渡る

便箋 この記事を書いていて気がついたのですが、韓紅さんは歌詞の10行目のところ、
 「把人间的温暖送到边疆 (人々の温情を辺境の地に届ける)」を
 「把祖国的温暖送到边疆 (祖国の温情を辺境の地に届ける)」
 と変えて歌っていました。
 「人間的」と歌詞どおりに歌っている動画もありましたから、いつも「祖国的」と歌っているわけではないようですね。

 今はほとんど毎日、チベットでの騒乱のニュースを耳や目にしますが、チベット族からみた場合、青蔵鉄道(青海チベット鉄道)には大きな光もあれば影もあります。韓紅さんは、その光の部分を信じて歌っているのだろうと思います。
 韓紅さんの澄み切ったハイソプラノの美しさと声量の豊かさはすばらしいと思います。

 あと、制服姿の alan さんも初々しくてぴかぴか かわいいかわいい ですね。もしも私の高校時代に alan さんのような先輩が1年上にいたら、絶対 alan さんに恋してると思います。ラブ
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | alan (& tibet) | comments(16) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -

Comment
さくらんぼ : 
2008/03/31 9:30 AM 
 お早う御座います。
中国言葉で有っても日本語に翻訳されて、画像と歌詞を
読みながら、画像見ていますと、のぞかな風景と
幸せそうな感じですね平和が欲しいですねお願い。
チベット問題も有りますよね
何故世界中に方々仲良く出来ないのでしょう
争っても、何の得には成ら無いのに、人類の破滅ですよね

TOPへ
さくら : 
2008/03/31 12:50 PM 
初めてコメントします。もうじき大学生になる18才です。
alanさんなら宝塚でトップになれたかもしれませんね。。。
。。。。

TOPへ
王俊英 : 
2008/04/01 12:11 PM 
さくらんぼさん 
 早速のお立ち寄り、ありがとうございます。「天路」は気にいっていただけたでしょうか。
 alanさんが「世界の平和のために歌います」と言ってるのは案外本気なのかもしれませんね。

さくらさん
 はじめまして。大学ご入学おめでとうございます。現役合格ですね。来週あたりが入学式ですね。今年のサクラはひときわ鮮やかにに見えたでしょうね。
 これからもよろしくお願いします ♪

TOPへ
yamato-z : 
2008/04/01 7:30 PM 
こん、王俊英さん。
僕のブログの書き込みありがとう^^
王俊英さんのブログのリンク貼りたいですがいいですか?

TOPへ
王俊英 : 
2008/04/02 12:07 AM 
yamato-z さん こんにちは ♪
リンクの件ですが大歓迎です。
とっても光栄です ♪

TOPへ
てっちゃん : 
2008/04/19 11:45 AM 
初めて聴いた曲ですがとても気に入りました。
私は大学で土木工学を学んでいますが、エンジニアにとって「青海チベット鉄道」建設はチャレンジしがいのある夢のような大仕事だったと思います。
それが今はチベットを侵略する「巨大な竜」という評価が広まっているのが残念です。(そういう側面があるのもまた事実でしょうが)
alanさんのことはこのblogで初めて知ったのですが、私もファンになりました。

TOPへ
王俊英 : 
2008/04/19 1:29 PM 
てっちゃんさん はじめまして。
 「青海チベット鉄道」のことはチベット問題のニュースを毎日見たり聞いたりしてる今の状況下では触れにくい話題ですね。。。エンジニアの方々は純粋に「いい仕事」をされたのだと思います。
  

TOPへ
鉄爺 : 
2009/07/11 1:27 PM 
初めまして。
鉄爺が大好きな「天路」で検索してたら辿り着きました。
Youtubeで不思議に思ってたことが
よく解りました。
ありがとうございました。


TOPへ
王俊英 : 
2009/07/13 12:43 PM 
鉄爺さん こんにちは。
こちらにもコメントを寄せていただいてたのですね。返事が遅くなってすみませんでした。 この「天路」はとってもいい歌ですね。 私も大好きです。

TOPへ
- : 
2011/07/01 12:20 PM 
管理者の承認待ちコメントです。

TOPへ
- : 
2011/07/01 12:24 PM 
管理者の承認待ちコメントです。

TOPへ
- : 
2011/07/01 12:26 PM 
管理者の承認待ちコメントです。

TOPへ
- : 
2011/07/01 12:26 PM 
管理者の承認待ちコメントです。

TOPへ
- : 
2011/07/01 12:27 PM 
管理者の承認待ちコメントです。

TOPへ
- : 
2011/07/01 12:27 PM 
管理者の承認待ちコメントです。

TOPへ
- : 
2011/07/01 12:27 PM 
管理者の承認待ちコメントです。

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://nikoigo.jugem.jp/trackback/175
Trackback
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Selected Entry
Recent Comment
Categories
Archives
Links
qrcode
↑ケータイで読む↑