<< チェン・ミンさんの二胡の音色 | main | マーラ・ヤマウチ選手 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
write王 俊英
漢詩を作るのは簡単?
 ひとつ前の記事『チェン・ミンさんの二胡の音色』にコメントを寄せてくれた通行人2さんへの返事に、
厳密にいうとこれは「詩」ではなくて、蘇軾(そしょく)の「水調歌頭」という「詞」の後半の一節です。
(不定形の自由詩が詞だと考えれば、だいたい合ってるとおもいます)
などと、漢詩を満足に作ったことも無いくせに、偉そうなことを書いてしまいました。あらためて読み返すと恥ずかしくて顔が赤くなってきます ひやひや

 私は神戸中華同文学校には行かずに、小学校から大学生の今まで日本の公立校で学びました。私が高校2年生のとき、日本人化していく私に危機感(?)を持った伯父様の命令で、陳舜臣先生の『中国の歴史』全15巻を月2冊のペースで読まされました 読書
 1冊読むたびに伯父様とおば様から口頭試問があって、それに合格しないと次の月のお小遣いがいただけないので私も必死でした 汗

 多分そのことが刺激になったのだと思いますが、やがて漢詩に興味がわいてきて、自主的に漢詩の作法を勉強したことがあります。試しに絶句(4句の詩)や律詩(8句の詩)を作ったこともありますが、正直に言って、これは私には無理だ! 私の手に負える代物ではない! と思いました どんっ

 ネット上には、漢詩はルールさえ覚えれば誰でも簡単に作れます、と受け取れるような書き方をしているサイトがありましたが、それはとんでもない間違いだと私は思います。

 孔子が儒教を教えてから2500年。官吏登用試験の科挙が始まってからでも1400年。

 中国で詩(漢詩)というのは、士大夫階層が自分たちの権威を守るために、千年以上の歳月をかけて、こねくり回し、ひねくり回して、わざと難しくしたものなのだぁぁぁ!

 だから誰でも簡単に漢詩が作れるなんて アリエネーーー!



 漢詩に興味のある方はこちらへどうぞ。
クリップ 漢詩作法入門講座
クリップ 趙義成の朝鮮語研究室 > ごった煮 > 漢詩
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | 詩歌 | comments(4) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -

Comment
趙秋瑾 : 
2008/01/28 1:16 PM 
俊英さん、えらいね!
作法を勉強するだけでもすごい。
私はぜ〜んぜんダメよ。ぜったい作れないね。

TOPへ
王俊英 : 
2008/01/28 7:57 PM 
趙秋瑾さん こんにちは。北京は神戸以上に冷え込んでいることと思います。
 詩を作るのはホント難しいですよね。詞なら努力すれば何とかなるかもしれないと思うこともありますが、あんまり評価はされないみたいだし……
 私的には、日本の短歌や俳句を作るほうが楽しいです。中学生のとき、国語の先生に私の文章と短歌をほめていただいたことがあります。それがすごくうれしかったのを今でもよく覚えています。

TOPへ
tiandao : 
2008/12/07 9:54 AM 
漢詩の訓読は日本文語文文化の大きな成果だと思っています。漢詩を原語で読むのは大変ですので、訓読をよりよく理解するために、口語訳を試みています。gooブログに「ティェンタオの自由訳漢詩」というものを投稿していますので、ご覧いただけると嬉しいですが。

TOPへ
王俊英 : 
2008/12/08 11:17 PM 
tiandao さん 初めまして。
さきほどブログを拝見させていただきました♪
とっても豊かな時間が流れてるみたいで素敵でしたぁ☆
コメントありがとうございました。

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://nikoigo.jugem.jp/trackback/115
Trackback
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Selected Entry
Recent Comment
Categories
Archives
Links
qrcode
↑ケータイで読む↑